​シェーンブルン宮殿
チャペル&庭園
フォトウェディング
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

シェーンブルン宮殿はウィーン観光には欠かせないウィーンを代表する名所です。1996年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

 

ここは、ハプスブルク家の夏の離宮として使用されていた宮殿です。マリア・テレジアの時代に、現在の宮殿の姿になりました。シシィの愛称で知られるエリザベート皇妃もここで暮らしました。

 

1918年に 「国事行為の断念」がこの宮殿で宣言され、皇帝が退位し、オーストリアは共和制へと移行します。この宮殿はまさにハプスブルク家の繁栄と終焉を物語っています。

 

宮殿の外観はバロック様式、室内はロココ様式で壮麗に内装されいます。宮殿の奥には、東西1.2km、南北1kmに及ぶ広大なフランス庭園が広がっています。

普段は非公開のシェーンブルン宮殿チャペル、そして広大な庭園でのフォトウェディングのお問合せをお待ちしております。

© GMR Wedding 

料金表へ

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© Denise Kerstin
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© Ivory Rose Photography
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© GMR Wedding
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© Denise Kerstin
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© Ivory Rose Photography
 

シェーンブルン宮殿フォトウェディング

© GMR Wedding
 

ヨーロッパ オーストリア ウィーン ウェディング フォトウェディング プランナー プランニング 手配会社